手作り気球で地球を撮影

070727IMG_5804small.jpg

 

この写真は、手作りの気球高度2万8000mから撮影したものです。

Jean-Sebastien Busqueが作ったこのヘリウム気球、ビデオカメラとスチールカメラ、GPS、アマチュア無線機を装備しています。飛行機は通常高度9000m前後くらいを飛びますが、2万8000mまで行くとほぼ宇宙空間にいるのと同じ見た目になるんですねー。

なお、気球は予定より高く上昇したためにはじけ、機材の入ったパッケージは地上に落ちてきてしまったんだとか。「続きを読む」クリック以降に一連の写真あり

 

070727IMG_5804small02.jpg

 

070727IMG_5804small03.jpg

 

070727IMG_5804small04.jpg

 

-GIZMODO(MAKI/いちる)

[MAKE]

【関連記事】 手作りのローラーコースター

【関連記事】 解禁秒読み! グランドキャニオンのスカイウォークを空撮で楽しむ

【関連記事】 『WIRED』編集長が作った超低予算な空撮用ラジコン(動画)