PS3の音楽品質を向上させる改造ワザ

PS3の音楽品質を向上させる改造ワザ 1

 

肝心のゲーム分野では対応ソフトの少なさから、商品力を高めてきたXbox360に少しずつ追い上げられているPS3。

しかしAV機器として意識するならば、実に魅力的なハード。特にSACDの再生品質たるや、ファームウェアのバージョンアップにより10万円クラスの専用機を軽く凌駕するクオリティをゲット。先日、別件で取材させていただいたディープなアナログ音源大好き派の方も「PS3いいらしいね」と話されていて、世間一般における注目度は日に日に高まっているようです。

そこでご紹介したいのがこちら。

CDP-X5000やCDP-R1a、TA-DA9000ESといったソニーの高級AV機器を育てたかないまる氏こと金井隆氏のサイト「PS3でいい音出そう」。

本体の1/4にも及ぶサイズの絶縁トランスを接続してアース対策をしたり、外部から片面プリント基板やシールなどを貼りこむことでガタつく部分を徹底排除しています。

その結果、

再生周波数帯域が高域、低域ともに延びる感じがする

音の混濁が減り、音離れがよくなる

やや甲高い音に寄っているのが補正される

低音のスピード感が早くなり、音楽の躍動感が増す

とメリット盛りだくさん。

PS3をトランスポーターとして使いたい人は要ブックマークですよ。  (武者良太)

PS3でいい音出そう [かないまる]

【関連記事】 PS3 vs Xbox360:リビングセンターに相応しいのはどっち?1

【関連記事】 ナニが何でも、PS3やWiiをPCモニタで楽しみたい人のために

【関連記事】 フランケン対決:PS3、Wii、Xbox 360最終決戦