太陽熱の温水ヒーターを600円未満で作るDIY

070820Solar_waterheater.JPG

 

DIYの低予算の限界に挑戦するギズモード。

今回は高くて平民には手の届かない太陽熱温水設備をご家庭の裏庭で、ななんと! たった5ドル(約574円)かけずに作る試みです。しかも解説サイトの話では「作り方はとっても簡単」なそうな。

この廉価版ソーラーパネルには、家の車庫とか、くず鉄の山に転がってる中古冷蔵庫から冷却用グリルを取り出して用います。必要なパーツが揃ったら組み立ては、たったの3時間弱。それだけであとは、お天気の日は火傷しそうなぐらい熱いお湯がこの冷却用グリルの辺りから流れてくるそうですよ?

ただ唯一の問題はグリルの周りに水をある程度ためておかないと温まらない点。どんどん流水通してもあんまり温まりません。あと曇りや雨の日はシャワーやお風呂できないし・・・これは作った本人も「せいぜいキャンプ用か科学実験用でしょう」と認めてますね。

でも、太陽熱設備がこんなに簡単にできるなんて、分かっただけでもすごい。エコ設備をぐんと身近なものにしてくれるデモと言えそうです。作り方は、下記リンク先で。

[Instructables, via Tree Hugger]

-CHARLIE WHITE (原文/翻訳:satomi)

【関連記事】 まとめ : こんな時代の エコ発電 20本

【関連記事】 太陽電池を自作してみる

【関連記事】 進歩する「プラスチック太陽エネルギー」

p.s いただいたコメントを受けて、「発電」 など、一部表現に訂正を加えました。ご指摘ありがとうございます!