エッシャーの騙し絵「滝」を3D化

エッシャーの騙し絵「滝」を3D化 1

 

あとは、水の流れが課題ですね。

もし、騙し絵で有名なアーティスト、エッシャー(M.C.Escher)と、彼の木版画「滝(Waterfall)」のファンなら、お分かりですよね?

これは、物理的に建設するのが不可能といわれているエッシャーの滝を、「どうにかして3D化したい!」という気持ちから造られた、高さ6インチの縮小模型です。はじめに、このレプリカを発見した時は、噴水が動いて、水が昇って行くことを願っていましたが、やはり、物理学的ルールが、それをゆるしてくれなかったようです。残念!

こちらは、59ドル99セントで販売中で、500ユニットの限定品なので、欲しい人はお早めに~。

さて、世の中には、「エッシャーの木版を立体化したい!」と思っている人が実は、沢山いるんですね。レゴで実現しちゃった人もいるんです。

以下で、それをエッシャーのオリジナル木版とあわせて、チェックしてみてください。

 

エッシャーの騙し絵「滝」を3D化 2

 

はい。こちらが、LEGO版の「滝(Waterfall)」で、2003年に造られたものです。これでも十分に巧妙な技だと思っていたんですけれどね。

 

エッシャーの騙し絵「滝」を3D化 3

 

ご参考までに、コチラが2つのレプリカが、まねっこしてる芸術品のオリジナルです。レプリカの出来栄え、どう思いますか? 

Andrew Lipson,Escher waterfall sclupture:Think Geek

-Charlie White(原文/訳:junjun)

この商品をAmazonで購入楽天で購入! 

【関連記事】 世にも奇妙なガチャガチャITEM「だまし絵フィギュア」

【関連記事】 DS Liteが観賞用ガイドに:「スーパーエッシャー展」

【関連記事】 アクテブライズ「エッシャー」:総ステンレス球体マウス