ママ~手放しで乗れたよ!Hands-Free版Segway!?

ママ~手放しで乗れたよ!Hands-Free版Segway!? 1

 

あなたは、元祖セグウェイ派? ハンズフリー派?

もしセグウェイが、ポールにしがみつくまぬけな姿から解放してくれたら? そうです。そのアイディアから生まれたのが、この、ハンズフリー・トランスポーターです。Ulrich Kahlerさんは、手放し乗れるところ以外は、オリジナルとそっくりなものを開発してしまいました。ということで、ゆくゆくは、裁判所でご対面かな!? という問題も抱えつつ、いろんなクリエイティブな活動を着々と進めているのです。

どんなことをしたかって? 以下で、チェックしてみて。なんか、すごいことになってますから…。     

 

ママ~手放しで乗れたよ!Hands-Free版Segway!? 2すでに、この「ハンズフリー・トランスポーター」は、カメラワークの分野で使用されていて、成功をおさめているようです。写真のように、ステディカムを特別のカメラ設置金具で固定すると、自由に小回りがきくから、撮影するのに最適なんだそうですよ。

そのほか、ダンスの振り付けでも新しい仕掛けに使われたりしているそうです。長~いスカートで、タイヤをおおって…。人間ぽくない動きがいいのかな?

と、クリエイティブな現場で活躍中の「ハンズフリー・トランスポーター」のお値段は公共の情報では見たことないので、一般人の手には入りづらいのかも!? ともあれ、いまのところ、オリジナルのセグウェイよりも驚くべき進歩をとげてることは、確かかな。

-Charlie White(訳:junjun )

Handsfree

【関連記事】 廉価版セグウェイを韓国の会社が開発

【関連記事】 セグウェイほど変人に見えないセルフバランスのバイク「Tango」

【関連記事】 「Dareway」:子供用セグウェイ