月の満ち欠けでON/OFFする街灯「Luna-Resonant Streetlights」

月の満ち欠けでON/OFFする街灯「Luna-Resonant Streetlights」 1

 

月明かりを楽しめるのも良いかも。

満月の夜って街灯なんていらないぐらい明るかったりしますよね? でも、あなたの街にある普通の街灯は、そんなことは関係なく無言で立ちながら、ひたすら光り続けています。真面目だけど、ちょっと不器用なタイプ!?

もしも、あなたの街の街灯が要領の良いタイプの街灯「Luna-Resonant Street Lights」だったら? LEDで光るランプが月の光の満ち欠けにあわせて、明かりの調整をしてくれます。新月の日が一番明るく、序所に暗く、満月の夜には完全に消えるのです。その結果、この電灯を使うと、なんと90~95%の省エネになるそうです!

画期的だし、経済的だし、エコだし、悪くないアイディアだけど、女性のひとり歩きにはちょっと不安を感じちゃうかも…むぅー悩みますね。

それでは、ライトの仕組みと、月の移り変わりにともなう電灯の明るさの変化が一目でわかる写真を以下でチェックしてみてください。

 

月の満ち欠けでON/OFFする街灯「Luna-Resonant Streetlights」 2

 

月の満ち欠けでON/OFFする街灯「Luna-Resonant Streetlights」 3

 

Civil Twilight Design Collective via Sci Fi Tech

-Adam Frucci (原文/訳:junjun )

【関連記事】 街灯のミニチュアが入った飛び出す絵本

【関連記事】 自転車の自動貸し出し機。超便利そう!

【関連記事】 日食になったひまわりのようなエコライト:「Corona Solar Light」