変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー

070816YasushiKimura.JPG

(c)PingMag

シーホープ(Sea Hope)」の木村康代表にPingMagが長文インタビューを断行、その発想の原点に迫ってます。

シーホープと言えばJLr7とかの読めない時計を粛々と世に送り出してるデザイン会社ですね。「時計はクレイジーだけど本人は至ってまとも」と米版Gizmodoも温かく紹介してます。以下はその訳ですよ。

LEDの熱狂をどう思うか聞かれて、木村氏はこう答えています。

「要するにみんな光とイルミネーションが好きだってことですね。どんなアクセも素敵に見せてくれる。特に日本は日が暮れるの、早いですから」

070816YasushiKimura-watch.JPG「例えばモバイルはもう生活の一部だし、ディスプレイもユニークで使い易いものにデザインされてきている。僕にとって腕時計は単なるアクセサリーですね。LEDライトはそこに、誰でも楽しめるイルミネーションを与えてくれる。その光は、夜に光る小さな虫みたいなものです」

PingMag日本語版にもっとマシな訳があるので記事下リンクでお口直しを。デザインの図版もたくさんあって、変時計造成プロセスが垣間見れる楽しい記事ですよ? オススメです。

「まー、なんでもいいから、これからもScope(写真中)みたいな時計、たくさん作ってねー」と米版Gizmodoもエールを送る氏の変時計コレクション。スライドショー以下でどうぞ。

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 1

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 2

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 3

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 4

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 5

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 6

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 7

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 8

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 9

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 10

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 11

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 12

 

変時計の奇才・木村康氏にPingMagがインタビュー 13

 

PingMag日本語版インタビュー全文、写真クレジット:PingMag] Engadget関連記事

-BEN LONGO (原文/翻訳:satomi)

【関連記事】 超高速で回りすぎなLED時計(動画)

【関連記事】 時間だけじゃない…人間模様をカウントする世界時計

【関連記事】 まとめ : ヤバすぎる腕時計20本