北欧のデザイン携帯「O2 Cocoon」をUnboxing

北欧のデザイン携帯「O2 Cocoon」をUnboxing 1

 

この美しさ…神を感じますね。

オッパイとか、ウンコ(1,2,3)とか、あまり申し上げることのない、スウェーデンのお上品なガジェットブログ「Fosfor」が、これまた洗練されすぎている携帯電話「O2 Cocoon」のUnboxing(パッケージの開封)記事をアップしていました。ケータイ本体だけでなく、パッケージそのものも完成されたシンプルさをたたえていますね。

極東の薄汚れた街に棲息する30男も、写真を見ただけで、すぐにファンになっちゃいました。いいなぁ、コレ! 日本でも発売してくんないかなー。

ギャラリーは、以下でドゾ。

 

北欧のデザイン携帯「O2 Cocoon」をUnboxing 2

HELLOのエンボスが心憎い、パッケージです。

 

北欧のデザイン携帯「O2 Cocoon」をUnboxing 3

上の写真にあるパッケージのフタを開けたらこんな感じ。シンプルさと共存するダイナミックさが素敵です。ちなみに、真ん中に白く見えるのが「O2 Cocoon」。

 

北欧のデザイン携帯「O2 Cocoon」をUnboxing 4

電話本体をあけたところ。なんなんですかね? この完成されたシンプルさは。なにか要素をプラスすることも、マイナスすることもできません。

 

北欧のデザイン携帯「O2 Cocoon」をUnboxing 5

イルミネーションの時間表示。日本にも似たような機能を持つ機種が多々ありますが、個人的には、こちらに軍配。

 

さらに詳細なUnboxingの様子は、下記にリンクがあるサイト「Fosfor」で見ることができるので、必見ですよ!

 

[Fosfor]

-BEN LONGO(原文/オサダシン)

【関連記事】 折りたためるし、いい匂いもする、そんな携帯電話

【関連記事】 Synapics「Onyx」:魔法具めいた携帯電話

【関連記事】 BenQ「Black Box」:格好いい携帯電話(コンセプトモデル)