ロンドンのオフィスビル、「かっこいい!」と思ったら…

2007.08.10 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
070809demolishing-building.jpg

 
初めて見た人は、「このビル、なんだ?」と驚いちゃうかも?

これは、ロンドンの中心部にある、15階建てのオフィスビルです。なんでこんな形かというと、超高層ビルを建てるために、現在、取り壊され中だから。と言っても、なんか腑に落ちないかんじですね。

それもそのはず。解体業者は、地上階から上に向かって取り壊し作業を進めているんですよね。このP&Oビルのコンクリートで出来た中核部分を残しながら、周りを少しずつ剥がしていくように、フロアごとに解体しているんだそうです。

なぜ、こんな方法をとっているのか? その謎と、この後できる超高層ビルの完成図、気になりますよね? 答えは以下で。 

 
1965年に、P&Oビルが建てられた際、各フロアはタワーの最上階から、大きなはりに吊るされ、ビルの中心核でサポートするという構造をとりました。そのため、プロジェクトディレクターのMatthew Whiteさんによると、重さは、構造上下から上にむかって取り外さないと、一気に崩れ落ちてしまう。最終的に、はりを最上階で解体して核から取り外す事になるそうです。

う~ん、素人には難しいな…。

そして、下の写真が、新しいP&Oビルの完成予想図です。デザインは現在は男爵の称号を与えられているRichard Rogersの建築事務所のものだそうですよ。

 

070805building2.jpg

 
私は、今の見た目のほうが好きなんだけどな。みなさんはどうです?

Daily Mail

-Addy Dugdale(原文/訳:junjun)

【関連記事】 ロンドンのデザイナーが考えた、クルクル丸まる橋
【関連記事】 ロンドン-デリー間、「空のオリエント・エクスプレス」実現へ
【関連記事】 Googleロンドン新社屋の写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア