アルバートのヘルメット搭載型ピストル

070810Helmet-Mounted-Pistol.JPG1953年の幻の出願特許「アルバートのヘルメット搭載型ピストル(Albert's Helmet-Mounted Pistol)」です。ふつう、「ピストル搭載型ヘルメット」が正しいと思うんですけど、ピストルの方がデカい点を配慮したんでしょう。

今よりずっと暮らしはシンプルで人も素朴だった昭和のあの頃(アメリカに昭和はありませんが)、きっと物盗りが家に入っても「このヘルメさえあれば両手が自由になって、あと2丁いけるぜ、イェ~イ」、そう思うだけで村人たちは安心できたんでしょう。

牛乳をストローでぶくぶくやるように、銃身に空気を送り込んで弾を撃ちます。目位置が銃口から異様に遠いところは覗きレンズでカバーしてますね。冗談に見えて結構いろいろ考えてます。銃が足りなくて、よっぽど悔しい思いをした経験があるんでしょうか。

thebachelorguy via neatorama

-MARK WILSON (原文/satomi)

【関連記事】 マシンガン・バイオリン

【関連記事】 世界一大きい拳銃

【関連記事】 105年前の特許:遺体を丸ごとガラスに封じ込める