2個で100万ドルのワッシャー!? 犯罪の香り・・・

2個で100万ドルのワッシャー!? 犯罪の香り・・・ 1

「高すぎるんじゃない?」って思わなかったのかなぁ?

今まで、いろいろなトイレの便座やトイレグッズを紹介してきましたが、1組のワッシャー(皿ばね座金)で、こんなに高いの初めてみました!

この写真のワッシャー、お値段どのぐらいだと思います? なんと、99万8798ドルの価値があるんだとか! たった2つで・・・。それを、驚くことに、米国防省が購入したそうです。国民のTAXで!

「これの何がそんなにすごいの?」「素材?」「そんなに高いの買う必要あるの?」と疑問が湧いてきますが、実は、これには、さらに驚きの展開があるのです。

米国防省が、騙されていたのです! 詳細は、サウスカロライナにある金物店を経営するCorley姉妹が、19セントのワッシャー2つに対して、99万8798ドルの請求書をペンタゴンに送付したというもの。調べに対して、Charlene Corleyがそのことを自白したそうです。

この事件をきっかけに、他にもいろいろなアイテムをペンタゴンに過剰請求し、2050万ドルを納税者達からだましとっていたという余罪も発覚しました。そんな中、状況に耐えられなくなった姉妹の一人は自殺をしてしまい、Charleneは20年の刑務所暮らしに直面しています。さらに政府は700万ドルの返金をするように請求する予定だとか。

過剰請求する人もする人ですが、これらのまぬけな購入を認めていた国防省の担当者にも問題ありますよね…。

Danger Room

-Charlie White (原文/訳:junjun )

【関連記事】 自殺男の手にかすり傷ひとつ残さない、美しきスナイパーの技(動画)

【関連記事】 ゲイツ夫妻の慈善団体、マクドナルドに投資する

【関連記事】 バカ男1300マイル復讐の旅