名前に誤解がありそうなUSBペット

名前に誤解がありそうなUSBペット 1

 

仮に「ぬりかべくん」としておきましょう。

こちらは、ソリッドアライアンスの新商品「ぬりかべくん」(仮称)。新感覚のUSBペットだそうで、ポートに繋ぐと側面に赤いLEDの顔が現れて、いろいろ楽しませてくれるんだとか。

なんでも、周囲の音によって表情を変えたり、話しかけると反応してくれたりするみたいですね。たぶん「ぬりかべ~」なんて、答えてくれたりするんでしょう。可愛いヤツです。

でも…本名は「ミスタージョーンズのTENGU」。ジョーンズというのは、これをデザインしたイギリスのデザイナー、クリスピン・ジョーンズ氏のことを差すようですが…「天狗」の要素はどこにも見当たりません…。

続きを読む」に、表情のバリエーションと、その他写真をあげて置きます。

 

名前に誤解がありそうなUSBペット 2

ちょっと驚いた風の顔。

 

名前に誤解がありそうなUSBペット 3

今年のミラノ・サローネで展示風景。

 

名前に誤解がありそうなUSBペット 4顔のバリエーションは、豊富です。…でも、やっぱり天狗っぽいのは、見当たらないですね。「ぬりかべ」を「天狗」とは…また、新しい誤解された日本に出会ってしまったのでしょうか?

もし、ジョーンズさんに会うことがあったら、水木しげるの『日本妖怪大全』でもプレゼントしてあげたいものです。

(オサダシン)

 

プレスリリース [ソリッドアライアンス]

 

この商品を楽天で購入

【関連記事】 上司の顔して歩き回る「Giraffe Robot」

【関連記事】 「カオマル」:グニゅグニゅ握ってストレス解消!

【関連記事】 ちょっぴりホラーな人面スイカ