踊りだす壁「Hyposurface」(動画)

2007.08.24 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:MIT , 動画 , , 広告
070819wall-dance.jpg


確かに、これなら注目度もアップするかも。

突然ですが、ハイな気分や幻覚的なイリュージョンのスリルを味わいたいですか? しかも、ドラッグフリーで。それなら、この「Hyposurface」が、あなたの願望をかなえてくれるかもしれません!?

これは、変形する布とプラスチックで出来ている壁です。裏側にある何千ものピストンで動きをコントロールして、不思議な世界を作り出すんです。という説明だけだと、イメージがわきずらいというか、アナログな響きで良さを、ぜんぜん伝えきれません・・・。とにかく、以下で動画をチェックしてみてください!

 

 
ね、いいでしょ? 触ってみたいですよねー。この、今までにない発明は、MIT(マサチューセッツ工科大学)の教授で、今は「Hyposurface」社のCEOでもあるMark Goulthorpe教授の思いつきから生まれたそうです。

そして、このテクノロジーは、新しいディスプレー媒体であると言われ、注目されているのです! 今や、町中に存在する普通の広告にはイライラさせらるか、無関心になりがちですが、脇で突然、壁がうごきだしたら、少しはみんなが見てくれるかもしれないので。

うまくいけば、この「Hyposurface」が本格的に広告媒体として採用される時期と映画『トランスフォーマー2』のリリース時期が同じになるかも!? その時は・・・フフッ、Optimus Primeの息を首筋に感じることができちゃったりするかもしれません。それって、ファンタジーですね!

[Product Page via Geeknuz]

-Haroon Malik(原文/訳:junjun )

【関連記事】 壁で寝る椅子:「Behind the Wall」
【関連記事】 街の壁に設置された、巨大インタラクティブ広告(動画)
【関連記事】 壁がおかしいのやら、目がおかしいのやら(動画)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア