サードパーティーのアプリを入れると製品保証が消えるiPhone

080925iPhone.JPG

 

サードパーティーのアプリをインストールしたiPhoneは製品保証の対象外になるそうです。先ほどアップルの方から聞きました。

サードパーティーのアプリが混じってるとiPhone故障の原因になる新ファームウェアと区別がつかなくなる、というのがその理由。特にアップルが名指しで挙げていたのはiUnlockとGUIバージョン、AnySIMです。

それにしても何故OS XのMacbookは大丈夫で、OS XのiPhoneはアプリ走らすと危険なんでしょう? 

僕の頭ではよく分かりませんけど、うーん、無許可のアプリの使用を追跡する術はないと思うので、修理に持ってく前にソフト搭載前の状態に修復しといた方が良さそうですね…。

[クパティーノ、9月24日/PRNewswire-FirstCall]
ネットに出回っている無許可のiPhoneロック解除プログラムの多くがiPhoneのソフトウェアに修復不能なダメージを与えることが判明しました。改造したiPhoneにアップルが今後発表するiPhoneソフトウェアの更新をインストールすると、iPhoneが永久に使えなくなる可能性もあります。

アップルは今週にもiTunes Wi-Fi Music Store(www.itunes.com)はじめ数多くの新機能を盛り込んだiPhoneソフトウェアの更新のリリースを予定しています。

つきましてはユーザーのみなさんには無許可のロック解除プログラムをお手持ちのiPhoneにインストールなさらないよう強く推奨します。また、iPhoneで無許可の改造を行った利用者のみなさまにつきましては iPhoneソフトウェアのライセンス契約違反として製品保証の対象外とさせていただきます。ロック解除用ソフトのインストールによりiPhoneが永久に使えなくなってもiPhone保証の限りではありません。

 

BRIAN LAM(原文/翻訳:satomi)

 

【関連記事】 iPhoneで使えるGPSもどき

【関連記事】 スクリーンはiPhoneの方がiPod touchよりベター(動画)

【関連記事】 iPod/iPhone風製品ギャラリー