超プライベートなオーディオルームを演出「フィールドスピーカーPFR-V1」(Sony Dealer Convention 2007)

超プライベートなオーディオルームを演出「フィールドスピーカーPFR-V1」(Sony Dealer Convention 2007) 1

 

ヘッドホンとスピーカーのハーフみたいなもんです。

「フィールドスピーカーPFR-V1」は、頭からかけるスピーカーです。見た目はヘッドホンなんですが、耳にスピーカーを直接当てることはありません。耳の近くにスピーカーがあり、耳にはエクステンデッドバスレフダクトというパイプを軽く入れるだけです。

装着例はこちら。

 

070912PFR-V1-02.JPG

 

なんかヘッドホンがずれているみたいですけど、これで正解です。要は、耳元に超高音質なスピーカーを置いている状態ということです。ただし、スピーカーの口径が小さいために低音が弱いので、ダクトを耳に入れることで、低音をカバーしています。

以下開発秘話などを…。

 

070912PFR-V1-03.JPG

 

開発担当者の方のお話によると、最初は同社の小型スピーカーの低音が弱いため、それを補正するためにスピーカーの横にストローを挿して、それを耳に入れて聴いてみたそうです。さっそく実践。

 

070912PFR-V1-04.JPG

 

確かにこうすると、低音が豊かになります。開発時間30分、開発費ゼロだそうです。

 

070912PFR-V1-05.JPG

 

試作品第1号。スピーカーにダクトを付けただけのものです。ダクトの中央には穴が空いています。ここから低音が出てくるわけです。

 

070912PFR-V1-06.JPG

 

試作品第2号。かなり近くなってきました。そして一番上にある製品版になるわけです。

ちなみに、一番苦労したのは「パイプを曲げるところ」。パイプは普通に曲げるとつぶれちゃうため、特殊な機械を作って曲げたそうです。

お値段は5万5650円。もうすぐ発売予定だそうです。PSPに接続してゲームをしたら、かなり迫力ありそうですね。

 

フィールドスピーカーPFR-V1[SONY, Sony Dealer Convention 2007

この商品を楽天で購入

(三浦一紀)

 

【関連記事】 耳をふさがない新世代骨伝導ヘッドホン

【関連記事】 NOVAC「CHAMPION」:ヘッドフォンでリアル5.1chサラウンド!

【関連記事】 ビクター「HP-NCX77」:雑音を1/5まで低減するヘッドフォン