アップルで動くタッチスクリーン・テーブル「Rosie Coffee Table」(動画)

 

アップルのパソコンで動く巨大なiPhone風タッチスクリーン卓Rosie Coffee Table」(40インチ)を動画で見てみましょう。

Savant Systems LLCの製品。かなり注目はしてたんですけど、う、うーん…。見た感じは合成の安物家具のよう(いろんな仕様に変更可能)。UIがボヨンボヨンとフロートするのはいいんですが、テキストラベルもついてません。RS-232やIRでコントロールもできないし。アイコンは入力ボタンまでドラッグしてクリックでやっと開くような感じですねー。

タッチスクリーンの衛星TVの操作のデモでは、お気に入りとTVチャンネルのアイコンがあって、ボトムに番組スクロールバーが。ソフトはiTunesのインターフェイスで、アルバムのカバーフロートのアイコンも楽しめます。まあ、本製品はこの「iTunesマルチメディアコンテンツ」とデジカメ、IPネットワークカメラ、名刺の読み取り機能、映画・TV、などがウリなわけですが…。 

マルチタッチは感度イマイチで更新も遅め。マルチタッチといっても、ことRosieに関しては、ただ手をスクリーンに置いたまま他のアイテムが選べる、という意味に過ぎないようです。バグだらけのスクリーンも1個ありました。他のRosieはそこまで悪くなかったんですが、良いわけでも…。

写真専用アプリもゲームボーイ・マイクロもYouTubeもアイコンは見えます。が、動くかどうかは分かりません。取材で詳しく聞こうと食い下がったら、途中で他の人から電話が入って切れちゃいました。

そんなとこで。またなんか詳細が分かればお伝えします。

 

Rosie on Giz

BRIAN LAM (原文/翻訳:satomi)

 

【関連記事】 不思議なブレインストーム用テーブル(動画)

【関連記事】 Linux MPXマルチタッチテーブルはMS Surfaceの代わりになれる?

【関連記事】 もしアップルがタッチスクリーン型パソコンを発売したら…