[TGS2007]3次元感触インターフェイスデバイスがゲームの世界に

[TGS2007]3次元感触インターフェイスデバイスがゲームの世界に 1

 

重力、バウンド、振動、粘度指先で感じられる3次元感触インターフェイスデバイス。3DCGの製作現場で普及しつつあるデバイスですが、ゲームの世界でも使ってみようよ! とHAPTXは力覚インターフェースとFPSゲームを組み合わせた展示をしていました。

投げる、切る、叩くといった3次元的アクションが充実の重みでもって楽しめる。バレーボールゲームや『ミスタードリラー3D』なゲームと組み合わせれば、もっとその魅力が味わえそうです。今後に期待したいですね。

 

(武者良太)

 

東京ゲームショウ2007ライブレポートコチラ