【V36スカイラインクーペ】試乗体験のまとめ

【V36スカイラインクーペ】試乗体験のまとめ 1

 

では、体験走行の様子を各スタッフに振り返ってもらいましょうか!

 

 

[ 自分でハンドルを握っての実走行 ]

時速の体感速度が30%くらい遅く感じるんですよね。140km出てるのに100kmくらいしか出てない感じ。速ければ速いほど車体が地面に押し付けられ、走行が安定していました。そしてシフトアップ/ダウンが生命体のように自然なことに、何よりも驚きました。(いちる)

路面がウェットだったのと、パワフルなエンジンのおかげでとても滑りやすい状況。しかしVDCをオンにしているのでスリップは最小限に抑えられます。ところがVDCをオフにしてアクセルを踏み込むと、いたるところでリアが出て、スピン寸前に。VDCの効果は絶大ですね。(野間)

ちょうど雨が上がった直後のタイミングだったんですよね。まだアスファルトが濡れている、という。それなのにホームストレートに設置されたコーンを加速しながら避ける、高速レーンチェンジを模した部分ではリアがすべる気配を感じませんでした。この普通すぎるあたりが凄い。(武者)

 

【V36スカイラインクーペ】試乗体験のまとめ 2

 

[ プロレーサーが運転する車両に同乗 ]

ヘアピンカーブも140kmで曲がってました。そして、どんな速度で走ってても、全然安定してるんですよね。まるで怖くない。プロは全然違うなーと思いました。(いちる)

1周目から全開走行。S字では左に右にと横Gがかかる凄まじさ。バックストレッチではメーター読みで190km/hオーバーを記録、それでも安定していてまったく不安に感じません。空力特性も良さそうです。残念なのは連続走行だったため、タイヤがタレてしまったことかなあ。(野間)

今度の車体はねじれの交差するポイントをサスの取り付け位置にあたり合わせたそうです。そこからくる車体剛性性能。縁石にガツンと乗り上げても、すっ…と収拾しちゃう。揺り返しがこれっぽっちも感じないの。それでいて足回りは超コンフォート。あれこれ考えるウチに「やっぱ凄い」に到達。(武者)

 

 

[ ぐるんぐるんと曲がりまくるジムカーナ ]

VDCがいかに偉大で、多くのスリップ事故から車と人を救う技術であるか、つくづく痛感しました。VDCオンの状態で走ると、まるで自分が運転が上手くなったかのように感じます。(いちる)

終始アンダーステアです。VDCオンの状態ではアクセルを全開にしてもスロットルを絞るためにアンダーは少ないのですが、VDCオフにしたところ、プッシュアンダーステアが強くなり、全然曲がりません。挙句のはてにはコースアウトでした。やはりVDCの効果はここでも絶大でした。(野間)

VDCオフ時の定状円部分ではアクセルペダルを抜いてしまったので、わざとスピンさせることはかないませんでした。だってどアンダーでまがんないんだもん。怖いんだもん。でもジムカーナって楽しいっすね! (武者)

 

新型スカイライン クーペ先行特別試乗会[SKYLINE]

 

■V36スカイラインクーペ試乗会のレポート一覧