「85万円のケーブルは本当に音がいい? 」100万ドル賭けた果し合い

2007.10.19 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
071016ChallengePearCable.JPG

 
前にチラッと紹介した$7250(約85万円)のオーディオ専用ケーブル、覚えてます? あのとき「ダンサブルなケーブル」と手放しで激賞したオーディオ愛好家がいましたけど、案の定、「その辺の Monster Cable とサウンド変わらんやんけ! 超自然現象じゃあるまいし!」と難癖をつけたオジサンがおりまして(写真左)。名前をジェイムズ・ランディさんといいます。

このランディさん、超自然現象とかオカルトが大嫌い。「ジェイムズ・ランディ教育基金(James Randi Educational Foundation=JREF)」なる団体作って非存在証明した人に100万ドルの賞金を出すんで有名だったりします。

で、このPearケーブルについても「 Monster Cableとの違いを証明できた人には100万ドルくれて進ぜよう」と、数週間前に発表、ちょっとした騒ぎになりました。

放っておけないのが、写真右のPear Audio社CEOのアダム・ブレイクさん。ランディさんの糾弾は「でっち上げだ」とやり返し、月曜には「私がブラインドで聞き比べしたげるよ」と名乗り出た Michael Fremer 記者(『Stereophile Magazine』と『musicangle.com』などに寄稿)を審査員に立て、ランディさんに「お膳立ては整った」と返答。挑戦状を受けて立ったわけです。

仮に滞りなく進んでPear Audio社のケーブルの優位が証明された場合、JREFの定めに従い賞金100万ドル( 1億1758万円)は記者さんの懐に落ちます。さて、どうなることやら? どうせやるならテレビ中継が欲しいですね。

 
UPDATE : 結局ピア・ケーブル、製品提供を拒んで撤退したようですね。それを伝える10月22日付けの続報で米版Gizmodoはアダム・ブレイクCEOを「chickens!(臆病者!)」と連発してます。結局売り言葉に買い言葉だったんでしょうか? (2007.10.25.THU)

 
CHARLIE WHITE(原文/翻訳:satomi)

 
【関連記事】 NASA の 飛行機コンペ が 地味すぎる理由(動画)
【関連記事】 MS vs. グーグル、360度路面マップの機材対決
【関連記事】 あのローラーマンが韓国TVでバイクと直接対決(動画)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

15分を2分にした実力。フィリップスの電動歯ブラシがテクノロジーの塊すぎた

PR

歯ブラシにここまでいろいろ詰まってるとは。 みなさま、歯磨きの時間ってどれくらいかけていますか? 一説によると平均的な歯磨きの時間は数十秒なんだとか。 しかし歯医者さんのいうしっかりした歯磨きとは本...
続きを読む»