ギズモードのライター、F1日本グランプリ in 富士スピードウェイで地獄に遭遇する(動画)

 

小鳥ピヨピヨの方にも少し書きましたが、ギズモードのライターの野間さんが、F1日本グランプリ in 富士スピードウェイで、奥様とお子様と一緒に、大渋滞地獄を体験してしまったようです。

原因は道路の陥没と人の移動方式の不備。バス1台がギリギリ通れる程度の幅しかない道が陥没し、このたび採用されていた「チケット&ライド方式でのシャトルバスでの移動以外は不可」が、完全に破綻してしまったという状況です。

当日は秋口のはじまり、猛暑から急に寒くなった時期で、身体もまだ秋冬に慣れていない状況。かつ雨が降っていて、濡れて冷えて、惨状を極めていたとのこと。

野間さんは三洋Xactiでこの様子を撮影し、YouTubeにアップしたところ、世界第4位のアクセスを獲得し、転んでもタダでは起きないブロガー魂を見せつけてくれました。ありがとうございます。

本件についての詳細はネタ元リンクの「のまのしわざ」をご覧ください。富士スピードウェイ、そして親会社のトヨタがこの後どのような対応をとっていくのか、要注目ですね。

 

F1 日本グランプリ in 富士スピードウェイ 2日目:地獄絵図 [のまのしわざ]

(いちる)

 

【関連記事】 指輪型マウス、ギズモードのライターの存在意義を問う

【関連記事】 ゴールドライタンをトランスフォーマーと勘違い

【関連記事】 米ギズモードが東京に送り込んだ密使マット君ですよ。