F/A-18戦闘機で円錐の雲ができる瞬間(動画)

2007.10.17 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:動画 , 軍事

 
プラントル・グロワートの丸い雲が…見えます。
これは機体が音速近くなると出る「Prandtl-Glauert condensation cloud」という現象を捉えた瞬間の映像。先週サンフランシスコで開かれた「Fleet Week」からのヒトコマです。

ブルーエンジェルが操縦するF/A-18攻撃戦闘機(通称ホーネット)が水上7.62mまで高度を下げていきます。反対側から見た写真でお分かりのように、これ、フィッシャーマンズワーフのすぐ脇ですよ?

同じ円錐の雲は条件さえ揃えば、音速より大分遅くても発生するようです。ビルのガラス窓が木っ端微塵というニュースはなかったので、この雲はたぶんそちらでしょうけど、でもすごいですね。

日曜はハンガリーはブダペストで開かれたRedBull主催エアレース橋の下くぐって冷や汗でしたけど、サンフランシスコは市街スレスレで戦闘機飛び交ってきますから…落ちないのが不思議です。

 
[Blue Angels, via Jumpcut]

CHARLIE WHITE(原文/翻訳:satomi)

 
【関連記事】 危険なほど近づいた戦闘機
【関連記事】 F-35戦闘機のヘルメット搭載型ディスプレイシステムが怖すぎる件
【関連記事】 超音速戦略偵察機A-12、謎のヴェールを脱ぐ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加