今度のタッチスクリーンは透明です「LucidTouch」(動画)

       

指が太い人問題は解決されてないような…?

iPhoneのタッチスクリーンは革新的です。それに関して疑問はありません。でも、人によっては欠点を感じちゃうとこもありますよね。たとえば、マルチタッチは太った指には不向きだったり、操作時に自分の手が邪魔で!? スクリーンが見づらくなちゃったりすることありますよね。

そこで、MERLのWigdorMicrosoft ResearchのPatric Baudischは、新しいタッチセンサー式のガジェット「LucidTouch」が、それらの問題を解決してくれることを願っています。LucidTouchは、機器のにあるセンサーを経由して操作することができるという代物です。使用する時、ユーザーの手はスクリーンをとおして、影のようにみえるからオオッ! 透きとおってる! という印象を与えるのです。

影のように見える、それぞれの指のアクティブポインターは小さなドットで表示され、操作状況は色の変化で確認することができちゃいます。ドラッグ&ドロップも問題なくできますよ。

研究者たちによると、両手で持ちながら操作できるのでグリップが安定するしスクリーンがクリアで、パフォーマンスも良いとのこと。

いいかんじですよね? でも、LucidTouchは、キュキュっとサイズダウンしないことには、デビューさせることができません。現在、背面タッチインターフェイスは指の動きを記録する巨大なブームカメラを使って実現しているので、これをコンパクトにする必要があるのです。iPhone風なコンパクトな姿になったLucidTouchに早く会ってみたいですね~。

 

New Scientist

SEAN FALLON (原文/junjun)

 

【関連記事】 iPhoneタッチスクリーンの問題点?(動画)

【関連記事】 ジョブズ氏「iPhoneのSDKは'08年2月に出すよ」

【関連記事】 丸くて透明なタッチスクリーン携帯