目と目で通じ合う犬型ロボット「MIO(ミオ)」

目と目で通じ合う犬型ロボット「MIO(ミオ)」 1

 

コーギーっていう犬は、生まれるとしっぽを切られてしまいます。そうすることで、目の表情が豊かになり、もうウルウルでメロメロになっちゃうわけです。最近はしっぽを切られていないコーギーもいますけど。

で、この犬型ロボット。セガトイズの「MIO」(ミオ)といいます。最大の特徴はその目です。なんと目に100種類以上のアイコンが表示されるのです。コンセプトは「見つめて、ふれて、心の通うトモダチペット」。なんかアイドルのキャッチフレーズみたいですね。ちなみにちあきなおみのキャッチフレーズは「苗字がなくて名前が二つ」だそうです。

目のアイコンは、うれしい、悲しい、さびしい、怒った、驚いた、リラックスなど、100種類以上の表示で、17種類の感情を表現するそうです。

それだけではなく、MIOに話しかけるとMIO語で返事をするなど、かなりかわいいヤツみたいですよ。

お値段は9240円。ターゲットは小学校低学年~中学年の女の子。えっと、さ、30過ぎた僕も、遊んでいいですかね?

 

製品HP[セガトイズ]

この商品をAmazonで購入楽天で購入

(三浦一紀)

 

【関連記事】 WoWee社、動物ロボの王国を紹介する

【関連記事】 セガのひよこロボットです。(動画)

【関連記事】 安田美沙子、気まぐれペットロボに首ったけ