なぜ日本は超高速光ファイバーの愛を独り占めなのか?

071010FiberNation.JPG

 

日本は世界で最も光ファイバー通信が普及したブロードバンド先進国です。

どうして米国ではなく日本なのか?」-NYタイムズがその違いを特集していましたね。

「日本の光ファイバー通信といえば安くて速くて、HDのムービーが数秒でダウンロードできるユートピア」…そうイメージしがちですけど実情はそんな単純ではなさそうです。

光ファイバー通信最大手のNTTも、アメリカのベライゾンと抱えている問題は一緒で、地主から敷設の許可取って、それが終わると今度は住民を説得して回って加入のサイン集めです。大きなマンションやアパートが終わっても、まだ戸建てが残ってます…。

総じて光ファイバー通信は敷設費用も馬鹿になりませんし、絶対回収できるという保障もありません。狂ったように速い通信環境も活用の道が少ないと出費に見合う需要も確保できないでしょう。では何故日本はそんな懸念そっちのけで財務上ペイする目処もない高速ネットワークの敷設にありとあらゆるキャッシュを投入してるんでしょう?

うーん、最大の理由の一つとしては、僕らの(米国)政府が全米規模の光ファイバー通信ネットワーク実現に向けなんら奨励措置を講じていないのに対し、日本政府は企業に税務上のインセンティブを与えていることが挙げられます(訳注 : 「税金の優遇措置は米国にもある」とコメントがついてます)。
全く新しい通信インフラを築くことは信じられないほど金がかかる(ベライゾンに尋ねたらいいですよ)のに、アメリカでは企業が全部これ自力でやって利益を挙げなきゃならない。

東京駐在のテクノロジー専門コンサルタントのMatteo Bortesiさん(アクセンチュア勤務)はこう語っています。

日本人は長期で物事を考える。100年後の利益を今考える。孫の代のために投資するんです。西洋には見られないような国民的プライドもありますね」

まあ、国民的プライドとか世界一になりたいというだけじゃない何かがそこにはあると僕は思いますけど。高速で、安くて、全米で使える光ファイバー通信ネットワーク…それができた暁にはポルノも想像を絶する速さでダウンロードできるでしょう。でも今のペースのままだと、それもだいぶ先の話になりそうです。

(訳注 : コメントでは「日本はカリフォルニアぐらいしかないだろう」、「じゃあ、カリフォルニアは何故ないんだ」、「人口密度高いから」、「都市部の話」、「三沢いたけど郊外でも速かったぞ」、「フィンランドは速いよ」、「ルーマニアだって月額25ドルで20mbs無制限だよ、アメリカは金持ちなんだから政策の問題じゃない?」など激論が続いております)

 

New York Times

ADAM FRUCCI(原文/翻訳:satomi)

 

【関連記事】 XMラジオはネズミの楽園(YouTube旧本社も)

【関連記事】 データ転送速度に世界新記録誕生!25.6テラビット/秒

【関連記事】 いつでもどこでも、衛星通信でブロードバンドが使えるボール