世界最小! ナノチューブのラジオ初公開(動画)

 

直径原子数個分。人間の髪のの直径の何千分の1というカーボン・ナノチューブのラジオ検波器を使った「世界初のデモ」(大学側の発表)です。

SFジャイアンツの野球帽の彼は、カリフォルニア大学のクリス・ラザグレン(Chris Rutherglen)研究員。検波器というのはラジオ波を拾って音に変える装置のことですね。動画ではラジオ装置にこやつを取り付け、ワイヤーを使わないで数メートル離れたiPodからスピーカーに音を飛ばしてますよ? 鉄板立てるとピタッと止まったり、面白いですねー。

原子数個分というのは今のラジオ技術の1000分の1近いミクロぶり。その割には何故かミクロとは無縁な単4形電池っぽい物体も見えますが、まあまあまあ。クリスさんと担当のピーター・バーク(Peter Burke)教授はあんま気にしてないようです。来月アメリカ化学会に掲載する研究報告書には、広く普及が見越される大変なブレイクスルーだと書いてますよ。

「ナノチューブ(復調器)の全ラジオシステムから肝のコンポーネットをデモしただけですけど、将来は全てのコンポーネントがナノスケールになる、つまり正真正銘ナノスケールなワイヤレス通信システムが実現する可能性も考えられますね」

実用化までには電源(深く納得)、処理能力、コストなど問題山積ですが、仮に砂の1粒の中にこんなものが入るようになると商用、医療用、軍事用あらゆる局面で「スマートダスト」(CnetWired)の時代到来、でしょうか。

 

BBC News

BY WILSON ROTHMAN(原文/satomi)

 

【関連記事】 紙みたいに折れ曲がる電池

【関連記事】 初公開:ペダル式ローラースケートで倉庫や街を歩く美女の動画

【関連記事】 吹けば飛ぶようなナノ発電機