「盗まれたノート見つけた人には生涯ビール無料であげます」(醸造所)

071023FreeBeerForever.JPG

 

写真は、ニュージーランドの地ビール醸造所「Croucher Brewery Co.」の2人です。最近大事なラップトップが盗まれてしまいました。どこにでも転がってる、おんぼろノートです。派手な装備は何一つない。でも2人にとっては大事な情報がたくさん入ってます。

あまりにも大事な情報なので、なんとか取り返したい2人。なんと「取り返してくれた人には自家製の頬っぺた落ちるビールを死ぬまでタダで飲ませてやる~!」と宣言しちゃったのです。何年生きるかにもよりますが、ま、大体206万円分ぐらいの価値にはなる大判振る舞いですね。

無料ビールのためなら200年だって生きてやる~。という訳者のような執念の人が運悪しく見つけると、その価値は400万、600万円に膨れ上がっていくわけです。大変な賭けです。

オーナーの片方のニゲル(Nigel)さんに経緯をディアズ記者がインタビューしてみましたよ? 以下で続きどうぞ。

 

Jesus Diaz : どんなラップトップです?

Nigel Gregory : 「Dell Inspiron 5150」だね。

JD : 何か発見の手がかりになるものは?

NG : シリアル番号はないんだけど…

JD : 生涯無料ビール謹呈と引き換えにして惜しくないほど大事な情報って何なんでしょ…? いやだって大量生産のビールじゃない「地ビールを死ぬまでタダ」…ですよ? 僕からみたら最高の条件です。

NG : (笑)だろう? すごいオファーさ。現生はビタ一文ないけど生ビールならたんまりあるってことさ。大体1万8000米ドルになるかな。毎月12本でカウントした見積もりだけども。

一番大事な情報は金融関係だね。アカウントの全情報が入ってる(最後にバックアップ取ったのは数ヶ月前だからね…そうそう、もっとマメに取らなきゃ…)。 写真もたくさん入ってるし、仕事のメール、連絡先、作品…みんな入ってるんだ。一番最近のはバックアップ取ってないから、戻ってきたらすごい時間のセーブになるよ。

JD : これまで何か手がかりは? 

NG : 悲しいことにゼロ。オファーに関してはニュージーランドのマスコミが大騒ぎしてくれたお陰で問い合わせ殺到中だけどね。

JD : 戻ってきたらバックアップします? 

NG : (笑)するさ。懲りたよ。大事な情報はハードコピーに取るよう業務も見直した。

 

071023FreeBeerForever2.JPG

 

JD : それは良かったですね。…ところでビールは年産、月産どれぐらいでしょ?

NG : 年間10万本超えるのがやっと…本当ちっちゃいんだ。でも急成長してる。ここのビール市場はアメリカ市場にいろんな面で似てるんだ。名ばかりの禁酒法の時代が少しあって、その後は大手醸造所の2社独占、それからやっと職人の手作りビールに関心が高まって伸びてる。アメリカ市場はここの15年先かもね。でもここも手作りビールの足がかりがやっとできたところだよ。

JD : どんなビールを造ってるんでしょう? 質と味は?

NG : 丹念に仕上げた手作りのビールだね。フレーバーが豊かで、この国の売れ筋とは一味違う。新世界最高級のビターベースのペールエール、 チェコ風のピルスナー、hefeweizenの「hef」、ドイツの麦ビール。特に「hef」は[gotta love the bunnies]というキャッチが効いたのかカルト的人気だ。麦ビールに対する認知と関心が広まったお陰もあるかな。

JD : みんなもっとビールを飲んだら世界はより良い場所になると思いますか? 目の焦点はボケた場所になりそうですけど。

NG : 驚くかもしれないけど、うちは飲みすぎは薦めないんだ。良いビールは味わって飲むものだと思う、ちょうどワインと同じだよね。 戦いの半分はブランド信仰と大手が売るブラウンラガーからの脱却を図ることさ。もちろんみんなもっと「良いビール」を飲んだら世界(少なくともニュージーランド)はより良い場所になるよね(ついでに盗まれたラップトップが戻ったら最高だ!)

JD : アーメン…。今日はありがとうございました、ニゲルさん!

NG : こちらこそ!

手がかり見つけた方は以下のサイトから直接ニゲルさんにメールしてね。ビール一生分が待ってます。

 

Croucher Brewing

JESUS DIAZ(原文/翻訳:satomi)

 

【関連記事】 謎が謎を呼ぶ「盗まれたMacBookから犯人の写真がFlickrに自動アップロード」事件に進展、犯人から連絡?

【関連記事】 バカ男1300マイル復讐の旅

【関連記事】 「85万円のケーブルは本当に音がいい? 」100万ドル賭けた果し合い