「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー

081002Zune2.JPG

 

Wi-Fiでパソコンと自動的に同期できる待望のワイヤレスシンク機能実現。

次世代Zuneですよ。DRMフリー楽曲の新曲も取り揃えての再デビューです。気になるお値段は80GBが$249、flashベースモデルが$149(4GB)と$199(8GB)。「Zune Pad」はiPodのクリックホイールみたいなタッチ君ですね。

[ リアルタイム更新のまとめ ]

・Zune Marketplaceではミュージックビデオ300万曲分が買えます。映画はまだ。80GB Zuneは3.2インチのたっぷり大きめなスクリーンつき。色はブラックだけ。元のZuneよりはちっちゃくて薄いです。一方、flashベースのZuneはピンク、グリーン(並ぶと桜餅のような…)、ブラック、レッド。ものすごく小さいです。[参考:CNET]

・共有機能も拡張し、楽曲だけじゃなく、その他のメディアも共有できるようになりました。 また共有した曲は無期限で楽しめ、もらった曲を他の人たちと共有も可能。ただし共有は1曲につき3プレイまでが限度です。

・mixiみたいにユーザー同士が交流できるソーシャルネットワーキングサイト「Zune Social」も立ち上げ中。これ、Zune持ってない人も入れます。「Zune Card」というのがあって(ページみたいな?)、ここにZuneで聴く曲をベースに自分の音楽の好みを反映させることができます。カードにはカスタムの写真や背景も取り込めて、今聴いてる曲が表示されます。他のユーザーのカードを見て回って、気になる曲は好みの曲かどうか30秒標準の視聴も可能。Zuneで今一番人気の曲が一目で分かるコミュニティ生成のヒットチャートつき。

・Zuneではナビ専用ボタンも新しくなりましたね。(編集部は結構気に入ってた)茶色はサヨウナラ。 [参考:NYT]

・動画コーデックのサポートもつきました。h.264とMPEG4。もうこれからは全部WMV.に変換しなくていいようです。

・Zuneでは録画コンテンツをWindows Media Centerから自動的にインポートする機能も加わりました。つまりTV番組も直接パソコンから同期で取り込んで楽しめる、ということですね。

・30GB Zuneも製造中止にはなっていません。定価$199のところ、もうアマゾンでは$165-$185の値段まで下がってますね。

・Zune Wi-Fiストアへのアクセスはなし。楽曲は相変わらずパソコンで購入してZuneに同期するスタイルです。

ライブ更新の中締めの続きとギャラリーは、以下でどうぞ。

 

「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー 1

 

「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー 2

 

「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー 3

 

「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー 4

 

「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー 5

 

「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー 6

 

「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー 7

 

「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー 8

 

「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー 9

 

「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー 10

 

「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー 11

 

[ 80GB Zune機能一覧リスト ]

美しい大型カラースクリーン。明るく、耐性に優れた3.2インチのガラススクリーンで妥協のないポータブル動画鑑賞をお届け。

• タッチコントロール。楽曲・写真・動画のコレクションを楽に飛び回れるZune Padの新機能。ブラッシュもクリックも。

• ワイヤレスシンク。パソコンに繋ぐ電源コード不要。充電中にコンテンツも更新。最新ポッドキャストや楽曲などステレオ専用ドックから自動シンクに設定すると自宅のワイヤレスネットワークでパソコンに同期することができます。

• Zune Social。オンラインのSNSベータ版。新しい曲を探して共有。Zune CardとプロフィールをZune.netで作って音楽の好みを反映。友だちを招待しておすすめの曲を共有したり、コメントをつけ、メンバーのページを閲覧して、新しい曲探し。好みの似た相手に出会える。

• Zune Marketplace。取り扱い数300万曲。アルバム、DRMフリーのMP3楽曲、ミュージックビデオ、音声&動画ポッドなどなど。各曲・アルバムは購入もオーケーなら、料金一律で無制限ダウンロードできるZune Pass購入のオプションも。

• ワイヤレスZune-to-Zune共有機能は好きな曲、アルバム、プレイリスト、写真、音声ポッドキャストまで拡張。もらった曲は最大3回まで通しで聴けて、Zuneを持ってるほかのお友達にもあげたりできます。もらった曲が気に入ったら、ウィッシュリストに追加一発。こうしておけば次回同期する際、パソコンで買えますね。

• 出先で録画したテレビ番組が楽しめる。パソコンで録画したテレビ番組はZuneソフトウェアで自動的にインポート。ただZuneに同期してroad.4を押すだけです(Windows® Media Center for Windows Vista® Home PremiumかUltimate搭載のパソコンのみ)。

• FMラジオ内蔵。FMチューナーつき。ラジオ局で今流れてる曲の名前とシンガーが表示される機能も一部周波数のみですが実現しました。

• 楽曲インポート。今持っている曲、写真、動画はiTunesやWMPからリッピングした曲まで全部Zuneソフトで自動的に取り込めます。 既存のプレイリストや楽曲評価レーティングも簡単に転送できます(売り手によっては保護ブロックかかって、できない場合もあります)。

・ゲーム。ZuneのプラグをXbox 360®に差し込むんで、好きなゲームのサウンドトラックをカスタマイズしちゃいましょう。楽曲、写真、動画はワイヤレス接続でZuneソフトからパソコンやXbox 360のコンソールにストリーミングも可。

• アクセサリー。 出先や車、スポーツで。Zune体験を高めるアクセサリも豊富に取り揃えました。

 

JASON CHEN(原文/翻訳:satomi)

 

【関連記事】 Zuneの新しいCMは大人のファンタジーアニメ

【関連記事】 ZuneのテレビCM集

【関連記事】 次世代Zuneの情報が、ついうっかりリーク