[東京モーターショー2007]胸が高まる 未来 の トミカ、大集合!

071026minicar08.JPG

 

明日にときめいた、少年の日をもう一度味わえるかも。

こちらは未来の移動型交番車両「TDMパトロールカー」…のトミカ。高速移動時にはタイヤが広がり低重心タイプに、駐車時にはタイヤが閉じて省スペースタイプに変型する設定なんだとか。定員は3名、仮設の交番にもなるようですよ。

世界で一番小さなクルマをつくるというヴァーチャルカンパニー「トミカドリームモータース」の展示は、こうした「夢の未来のくるま」をトミカで表現したものです。以下で、ラインナップを紹介しますので、さらにワクワクしまくりやがってください。

 

071026minicar01.JPG

 

マルチスーパービュー(未来バス)

ひな壇式のシートを採用したマルチバス。このバスで競技場を取り囲むと、降車せずに試合を楽しむこともできます。でも、その際、下の階の人たちは、非常に残念な感じ…。

 

071026minicar02.JPG

 

NEO-ZERO2020

カルロス・ゴーン氏が考えた総チタニウム製のソーラーカー。確かに日産のエンブレムらしきものが見えますね。上部全面が太陽パネルになっているということだそうです。

 

071026minicar03.JPG

 

TDM-001

未来のスポーツカー。ドラッグレースのクルマっぽくて、かなり速そう。このままロケットにもトランスフォームできる仕様だったりすると大きいギズモのお友達は大喜びです。

 

071026minicar04.JPG

 

DOLPHIN

ビッグバイクの思想を元に設計された4輪車。タチコマを彷彿させるフォルムに釘付けです。しかもリアカウルが開閉し、そこに小型バイクが収納されているという設定とか。

 

071026minicar05.JPG

 

JOINCA

クルマの後部を連結・切り離しできる未来カー。連結するごとに2名定員が増え、最大6台を繋げることができるようですね。周囲を走る車には、ちょっと迷惑!?

 

071026minicar06.JPG

 

ワンダークリーンEX(未来清掃車)

可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみなど、一度にまとめて回収できる清掃車。しかも車体の下のブラシで、移動しながら道路もキレイにしちゃう働き者なんです。

 

071026minicar07.JPG

 

ビルドトルネード(未来建設車)

3本のアームで、一度に別々の仕事をこなせるショベルカー。ブルドーザーのブレードまでつけちゃって、ひとりでそんなに背負い込まなくても…と思ったりして。

 

たかがミニカー、子供のおもちゃですけど、これまで数々のクルマをミニチュア化してきたトミーの製品は、説得力がありまくりなんです。いやー、こんなリアルな空想科学作品を見てると、男の子心が暴走しちゃうな、本当に。

 

トミカドリームモータース[トミカ, 東京モーターショー2007 公式HP

トミカ、ミニカー商品をAmazonで購入楽天で購入

●「東京モーターショー2007」の記事一覧はコチラ

(オサダシン/写真:三浦一紀)

 

【関連記事】 チョロQ と チョロQっぽいミニカー まとめ

【関連記事】 「1/8」に敏感な人へ贈る、高品位ミニチュア自転車

【関連記事】 ミニチュアのショッピングカート(動画)

p.s. 仮説 → 仮設 と誤植を修正しました。ご指摘のコメント、ありがとうございます!