セルゲイ・ブリンのAndroid公募告知とUIデモ動画

     

    左眉が上がりっ放しのセルゲイ(サーゲイ)・ブリンです。

    「アンジェロイド」って聞こえますね。

    デモでは、スティーブ・ホロヴィッツ氏がLinuxベースのオープンソースプラットフォーム「Android(アンドロイド)」のプロトタイプをいくつか見せています。

    最初に出てくるのはPalmのスマートフォンっぽい携帯。テキストメッセージグーグルマップ(すごくキレイに見えます)なんかが入ってますね。次に出てくるのはハイエンドのHTC製Windows Mobileっぽい携帯で、ウェブキットを使ってデスクトップ並みの3Gウェブブラウジング機能も実現していますよ。

    さらに3D OpenGLレンダリングアプリ機能共有指先タッチで流れるように切り替わるiPhoneっぽいインターフェイスも。地球がグルグル回るところなんて、いやまあ…そんなに回してどうするかって話もありますが、なにやらすごいですよ? 

    最後にセルゲイがAndroid開発公募の発表をしています。Androidソフトウェア開発キット(SDK)を無料DLして作ったツールやウィジェットの中からベスト50合計1000万ドル(11億112万円)の賞金を出す公開コンペ。受付期間は米時間1月2日から3月3日までです。どんなアプリが出てくるんでしょうね?

    Androidがピンとこない人は、「オープンソースのiPhone」になる可能性もある、と考えると良いでしょう。

     

    [YouTube]

    JASON CHEN(原文/翻訳:satomi)

     

    【関連記事】 AndroidのUIスクリーンショット写真集

    【関連記事】 グーグルの新モバイルプラットフォーム「Android(アンドロイド)」を読み解く

    【関連記事】 Google、携帯電話用のプラットフォーム「Android」をオープンソースで提供