改造の魔術師ベン・ヘックの歴代Atari改造メガ集

071106PacMan.JPG

 

ビンテージコンソールの全てを手のひらに。

コンソール改造の魔術師ベン・ヘックことベン・ヘッケンドーン(Ben Heckendorn)のモッド最新作「Atari Rev 5.1」(350ドル)です。

パドルコントローラ内蔵、難易度切り替えスイッチ、複数プレーヤーの専用ポートも入って、厚さたったの1インチ。これはたぶん、彼が取り組んできた「Atari 2600」プロジェクトの中でも、最も完成度の高い到達点と言えそうです。

そんなわけで、ここいらでベン・ヘッケンドーンがこの18年の間に世に送り出してきた素晴らしいAtariプロジェクトの数々を写真で順を追って振り返ってみましょう。改造ファン必見のタイムラインは以下でどうぞ。

 

改造の魔術師ベン・ヘックの歴代Atari改造メガ集 1

 

ベンが最初の7年で作ったクラッカーも完全収蔵しました。「Atari 2600 VCSp」から今回の「Atari rev 5.1」まで進化を一望できます。特にオリジナルのプロジェクト、これは手のひらにフィットする9/10のサイズに改造した2600sですね。むー、ただただ素晴らしいの一言。美しい蝶一流の改造技術者兼デザイナーに成長したベンに拍手、拍手~!

 

Ben Heck

HAROON MALIK(原文/翻訳:satomi)

 

【関連記事】 Atariの父、PS3をミソクソに言う

【関連記事】 PS1を改造して、ロボット昆虫を作る(動画)

【関連記事】 ファミコンのコントローラーをmp3プレイヤーに改造