世界初! BAEの32メガジュールのレールガン

071115BAE_Rail_Gun1.JPG

 

鉛の塊をマッハ8の高速で「超」広範囲に飛ばすレールガンがあったら…

そんな願望をお持ちの方はイギリス最大の航空宇宙企業BAEシステムズにお問い合わせ下さい。こちらがその新開発のレールガンです。アメリカ海軍が既にパッケージ契約を結んだようですね。

 

071115BAE_Rail_Gun2.JPG

 

レールガンをご存知ない方のために簡単に説明すると、火薬とか他の燃料を詰める代わりに、ものすごいパワーの電磁誘導で正確に発射できる電磁投射砲のこと。レールと言っても線路のレールとは関係ありません。やっぱ爆発は危険ですからね。

BAEシステムズ(オラクルのラリー・エリソンCEOが買収に乗り気なBEAシステムズとは別会社ですよ)がバージニア州ダルグレンの海軍水上戦センター(NSWC)に出荷したレールガンは32メガジュール(MJ)の「Electro-Magnetic Laboratory(32-MJ LRG)」。

前世代のレールガンの約4倍強力になりました。ただ1発ごとに300万アンペアのパワーがかかるので、Metal Gearのバッテリなんて一瞬で底尽きそう。

効率性に優れたレールガンを実現するには今から2020年までの間に蓄電器に大きなブレークスルーが必要でしょうね。あと高速発砲のたび銃身がズタズタにならぬよう、なんらかの手法も必要となります。

米軍なら倍の64MJ欲しがりかねないですけど、そうなると1発600万アンペアですから下手すると13年がかり。32MJで十分でしょう。

 

[Popular Mechanics]

WILSON ROTHMAN(原文/翻訳:satomi)

 

【関連記事】 愛の大砲を発射:「Rose Petal Cannon」

【関連記事】 ランチャーで撃つゴルフ

【関連記事】 ロボット大砲、南アで暴走乱射(動画)

p.s. アンプ → アンペア に修正しました。ご指摘のコメントありがとうございます!