折りたたみ自動車「City Car」

折りたたみ自動車「City Car」 1

スーパーのカート方式ですね。

道端にズラズラっとならんでいるのは、MIT Media Lab(マサチューセッツ工科大学)がこのほどデザインしたコンセプトカーCity Car」です。この、積み重ね折りたたみ可能なクルマは、私たちの貴重な人生の時間を浪費する渋滞を緩和してくれるのでは? という願いを込めて開発されました。

コロっとして、かわいいし、小回りききそうだから欲しい! と思ったら…。「City Car」は、個人で所有するというより、バス停、空港、鉄道の駅など主な交通機関付近で、レンタカーとして使われることを想定しているとのこと。レンタサイクルみたいなかんじ?

都心までは電車やバスに乗ってきて、好きな所で「City Car」に乗り換え、好きな所で乗り捨て可能! 結果的に車の数が減るから渋滞もなくなるって仕組みですね。「City Car」利用者数が多ければ効果的かも。車自体のデザインについては、マッチョな男子にはちょっと乗りづらいような…。

ちなみに、なんで折りたたんで重ねられるか、というと、ポイントは、全てのホイールにモーター、 ブレーキ、ステアリング、サスペンションシステムが組み込まれているロボットホイール機能を搭載したことだそうです。おもちゃみたいな見た目だけど、なにげに優れものです。

さて、SegwayとCity Carどちらが便利か? 対決できる日が待ち遠しいですね。

 

Technology Review via CarLounge

JASON CHEN(原文/junjun)

 

【関連記事】 馬が動力の車:「Fleethorse」

【関連記事】 電気自動車はスポーツカーの夢を見るか

【関連記事】 日本、いや宇宙最凶の痛車「妖怪百鬼夜号」

p.s. コメントを受けて、ずらい → づらい に修正しました。ご指摘ありがとうございます!