Flash Zuneハードウェア写真集と使用感(動画)

071113Zune1.JPG

 

Zune第2弾、出ましたね。

新型ファームウェアは旧モデルのZuneも新機能にアップデートできる嬉しい更新です(詳細予告)。

塗装もナイスなら、今度はタッチホイールっぽいZuneパッドも新導入。クリック、クリックの呪縛からやっと解放されました。

お肉はみ出るぐらいキツいジーンズ入れて、どうなんでしょ? 8GBのフラッシュZuneとライバル機iPod nanoを比べてみた動画はこちら。:

 

 

…入りました。サイズはZuneが1.6 x 3.6 x 0.33インチ、iPodが2.74x2.05x.25インチ。Zuneは薄型ですが高さがあるので座った時に出てきたがる感じ。

残りの写真6枚とハードウェア使用感、気になるZuneパッドのデモ動画は「続きを読む」クリックでどうぞ。

  

071113Zune2.JPG

071113Zune3.JPG

071113Zune4.JPG

071113Zune5.JPG

071113Zune6.JPG

071113Zune7.JPG

 

・Zuneのキャンディーレッドは、iPodの電解処理の薄膜加工より好みですけど、ピンクはちょっと…。グリーンはノーコメント。 Zunepadは表面が荒加工です。ボディはアルミニウムで、塗装は既存ガジェットの中でも最高にスリックな印象。

・ヘッドフォン専用ジャックとドックコネクターはボトム(大型Zuneコネクターと同じ)、ロックはトップにあります。

・D-パッドのプロフィールは一段高くなっていて、ポケットに入れたまま曲を変える時に便利ですけど、あんまりきついデニムだと押したつもりもないのに押してしまうことが。うー、もっと運動しなくっちゃ…。

・Zuneのアルミニウムの背面はグレイですね。nanoに比べてどんよりした印象ですが、nanoほど傷がつきにくいのがグッドニュース。

・シャーシーをねじると少し曲がって見えます。

・前世代のnanoに本体サイズは近いんですが、スクリーンサイズは今のnanoと同じ。レイアウトがもっと効率的に考えられています。

・実寸サイズはZuneが1.8インチ、Podは2インチ。Zuneはスクリーン周辺に黒のボーダーがあって実物よりスクリーンが大きく見えるんですが、騙されてはいけません(マイクロソフトのために言い添えるなら、この黒のボーダーがあるお陰でスクリーンはとてもキレイに見えます。そのためのラインでしょうね)。

 

 

・タッチセンサーのZuneパッドは…素晴らしいです。ややラグもあってホイールがグラグラ落ち着かないのが玉に瑕ですが、リストを素早くブラウジングしたい時にはiPod nanoの小さなホイールより使い良いいような…。ただ、D-パッドのクリックは正確に出来ないですね。クリックのつもりがセレクトになったり。でもZune 1から Zune Flashか80GBにアップグレードする最大の理由は、このZuneパッドでしょう。

・スクリーンの解像度はZune 80と同じ320 x 240ピクセル。nanoと同じです。若干明るさが足りませんけど、鮮明で良いスクリーンですよ?

 

BRIAN LAM(原文/翻訳:satomi)

 

【関連記事】 「Zune 2」と「Flash Zune」正式デビュー

【関連記事】 ゲイツ、Zune 2を語る(動画)

【関連記事】 Zuneの新しいCMは大人のファンタジーアニメ