腕にスチームパンク、懐に破綻をもたらす腕時計「HM2」

071107HM2.JPG

 

海底に眠るアンティークな潜水艦の管制ルームから盗掘してきたような。

Maximilian Büsserがアートとマイクロエンジニアリングを軸に立ち上げた時計工房MB&Fが生んだ最新作「Horological Machine No. 2 (HM2)」です。

ダイヤル4個付き。それぞれ以下の尺度で時を刻みますよ?

・instantaneous jump hour(瞬間跳躍する時表示)

・concentric retrograde minutes(同心逆行する分表示)

・retrograde date(逆行する日付け)

・bi-hemisphere moon phase(東西半球の陰暦)

つまり日付けもダイヤル2通り時刻も2通り。こんな仕掛け、誰も気づかないと思うんですけど…最高ですね! 以下に美を極めたHM2のフローレスなボディのクローズアップ、4枚あげときます。

 

071107HM2-1.JPG

 

071107HM2-2.JPG

 

071107HM2-4.JPG

 

腕時計と分かっていても、それだけには思えない存在感ですね。相対性理論のことは知り尽くしているかのような、人生の意味をそっと耳打ちしてくれそうな、いざとなったらタイムトラベルも制御できてしまいそうな…この18金ゴールドとチタンのケースには想像を絶する神秘が眠っていそうです。

想像を絶するお値段5万9000ドル(675万9785円)。

HM1(15万ドル)から製造数も増え、グンとお求めやすくなりました。

 

Watchismo Times

HAROON MALIK(原文/翻訳:satomi)

 

【関連記事】 まとめ : ヤバすぎる腕時計20本

【関連記事】 Sarpanevaが素手で仕上げた約200万円の腕時計「Supernova」

【関連記事】 5700ドルのセイコーF1「スポーチュラ」最新モデル