ゴキブリ達の運命を支配するロボット「Pied Piper」

ゴキブリ達の運命を支配するロボット「Pied Piper」 1
ゴキブリって出火の原因になるそうですよ…。

実際の科学的調査で明らかになったのですが、このゴキブリ達に囲まれている四角いロボット「Pied Piper」は、ゴキブリの群れを駆除に適する場所連れて行ってくれるそうです。

ブリュッセル自由大学の生態学研究者Jose Halloyは、雑誌『Science』の主執筆者。ということで、誌上で彼のゴキブリ・ロボット(robotic roach) の開発についての詳細を語っています。

まず、Halloyと彼のチームはゴキブリを一か所に集めてそのエリアを、暗い側明る側に分けて2枚のディスクでカバーしました。生来の共産党員気質な? ゴキブリは群れでかたまりがちのため、グループ本能によって動機づけられます。その習性を利用したのが、このゴキブリ・ロボットなのです。

ゴキブリ達は、まずは予想通りに暗い側に集合していきました。しかし、ゴキブリ・ロボットを実験現場に送り込み、明るい側に誘導させてみると、なんと、本物のゴキブリ達は60%の確立で、付いて行ってしまったのです。

ちなみに、お気づきかもしれませんが、このロボットは、全くと言ってよいほどに、色も形もゴキブリとの類似点がありません。なのに、何故誘導に成功したのか不思議ですよね? このことについて、以下にNYTのコメントでご説明したいと思います。

ゴキブリ達は目が弱いので、研究者達はrobotic roachを虫というよりは、ゴルフカートのミニチュア版みたいな形でOKにしてくれたのです。ゴキブリの世界では、正しく見えることはそんなに重要ではなく、正しく臭うことが大切なので、研究者は、機械にゴキブリのsexホルモンを、オードトワレのように吹き付けました。

うぅぅ。ということは、ゴキブリ問題が発生した時に試してみようかな? と思ったら、ちいさなロボットラジコンと、ゴキブリジュースを調達しなければならないのか…。ハードル高すぎです…。

NYT

WILSON ROTHMAN(原文/junjun)

【関連記事】 ヤギロボット、外れ券を食べる

【関連記事】 昆虫型スパイロボットのプロトタイプ「DelFly II」

【関連記事】 世界初のハエロボット:「bot-bug」