古いPowerBookでLeopardを動かしてみる

古いPowerBookでLeopardを動かしてみる 1

 

アップルのOSX Leopardを走らせるには最低でも866MhzのG4プロセッサーと512MBのRAMが必要、ということになっています。

うちにちょっと古いPowerBook(プロセッサは1Ghz、メモリは768MB)がありました。ちょっとLeopardを入れて試してみたいとおもいます。

インストールにかかった時間は1時間14分23秒。Macbook Proにインストールした時の2倍ですが、しかし3時間以上かかると聞いていた話よりは短かくてすみました。

起動は…

Tiger : ログイン画面表示まで40秒。シャットダウンまで9秒。

Leopard : ログイン画面表示まで50秒。シャットダウンまで11秒

でした。起動後の動作は、Safariでのカバーフロー、iChat、iTunesを開く、などを試してみましたが、いくぶんギクシャクしていたように感じました。Quick Lookはちゃんと動いてました。

上記の簡単なテストのレベルでは、結構悪くないんじゃないですかね? もっとちゃんとしたテストをする価値があるかもしれません。

 

ADRIAN COVERT(MAKI/いちる)

 

【関連記事】 WindowsマシンにLeopardをインストール

【関連記事】 Mac OS X Leopardインストール!最初の1時間のライブログ

【関連記事】 Leopardインストール時の注意点