灼熱のテキサスで通年スキーが楽しめる巨大リゾート建造計画(動画)

 

ま、まるで『World of Warcraft』の世界から抜け出てきたような異世界です!!

これはテキサスのど真ん中で夏も冬もスキーが楽しめる「Bearfire Resort」(2009年秋オープン予定)。通年スキーリゾートは米国初

一番の目玉は高さ76.20m、広さ35エーカーの人工の氷柱で、スキートラック、スノーボード専用パーク、かまくら、氷のいかだ、クライミング、ボブスレー…ウィンタースポーツと名のつくものは、とりあえずなんでも揃ってますよ? すごいですねー。

それにしてもダラス国際空港のすぐそばっていったら、夏場は車で玉子焼きできちゃうぐらい熱いはず。実際バックミラー溶けて落ちた友だちとかいるんですけど、だ、大丈夫なの!? 

さすがブッシュの票田、アル・ゴアどこ吹く風ですねー、と思ったら、人工雪は使ってないんだそうです。代わりに特殊合成素材「Snowflex」を使用しました。

「Snowflex」は単繊維とキャリアレイヤーを染み込ませたポリマー合成素材。ユニークなショックレイヤーの上にこれがあることで動きに即応&反動する感触を実現しました。タイルの形状で製造された「Snowflex」で均質な表面を形成、そこから複雑な機能・形のものを作ることができるのです。

誠にチンプンカンプンでございますけど、要するに人工雪を使わずスキーのグルーブ感が味わえる「地球にやさしい」スキーリゾートということですね。

写真ギャラリーは、以下でどうぞ。

  

071122SkiResort1.JPG

071122SkiResort2.JPG

071122SkiResort3.JPG

071122SkiResort4.JPG

 

スロープは総面積6万386平方メートル。総工費は推定3億7500万ドル(約406億円)。

 

[Bearfire Resort via Gadling]

JESUS DIAZ(原文/訳:satomi)

 

【関連記事】 ドバイに海中ホテルが誕生

【関連記事】 東京湾に巨大ピラミッドを建設(動画)

【関連記事】 バカ男1300マイル復讐の旅