国際ロボット展に行ってみたよ(前編)

近年まれに見る律儀さです。

東京ビックサイトで行われている「2007 国際ロボット展」。世界最大級のロボットのトレードショウということで、ギズモなアイテムを探して、寒風吹きすさぶなかをノコノコとカメラを持って行ってきましたよ!

正確無比な動きを誇る、工業用のデカくてゴツいロボット達を一瞥し、東京理科大ブースで見つけたのは清楚な雰囲気受付嬢ロボ。お客の声に律儀に反応する彼女に、掛けられた声とはなんと…。

気になるセリフは動画の最後の方で明らかに!

リアルなロボット達のレポートも以下からどうぞ。

 

スキューズのブースには、リアルすぎるロボットハンドが。空気圧力による微妙な力の入れ具合が制御可能で、義手などへの利用を考案中とのことです。

 

リアルな動きの恐竜ロボットPLEO」。箱から出したばっかりなので、まだ動きがたどたどしいですが、成長するといろんな感情を表情に出すのだとか。アメリカではすぐに予定数を完売する大人気振り。12/1から日本でも予約開始だそうです。

2007 国際ロボット展

(常山剛)

【関連記事】 ロボットアーム、ついにテーマパークへ進出!(動画)

【関連記事】 ハロウィーン用ロボット・ウォーカー(動画)

【関連記事】 万能ロボットSarcomanの正体