SDソースが見違えるほど綺麗になる「HDオプティマイザー」

SDソースが見違えるほど綺麗になる「HDオプティマイザー」 1

 

パソコン用モニタをハイビジョンモニタとするにも最適です。

新しいけどちょっと古くなってしまった。そんな初期~今年初旬に発売された薄型テレビのアップグレードパッケージ。それが「HDオプティマイザー」。具体的な効能は次の通りですよ。

1.RCA or S-VIDEOの映像信号を720pのHDMI出力

アップスケール機能のない液晶テレビにビデオデッキやPS2の映像を表示させると、輪郭がギザギザのジャギジャギで、とても見られたものではありません。それを解消してくれます。

 

2.倍速駆動

もっとも重要なポイントがココ。テストに出ますよ! 中間コマを補完した50~120Hzの映像信号を作ってくれるので、昨今の「倍速駆動」を売りにした液晶テレビに近い画質を手に入れることができます。32インチ以上のちょい古液晶テレビのオーナーさんにオススメ。

 

3.動画補正

ギザギザのジャギジャギをさらに綺麗に。また鮮明度を高めて、コントラストに優れた映像にしてくれます。

元の液晶テレビのパネルを交換するわけではないので、応答速度そのものの改善は期待できませんが、サッカー中継など、横スクロールの多い映像を「HDオプティマイザー」経由で見ると違いますよー。

 

HDオプティマイザー[AH-Software]

この商品をAmazonで購入

(武者良太)

 

【関連記事】 ハイエンドデジタルビデオカメラ「Red One」がデモ映像を公開

【関連記事】 シャープ「トリプルビュー液晶」:1つの画面で3つの映像を一括表示

【関連記事】 ONKYO「MP-1000J」:パソコンの映像を気軽にAV機器で観る