自給自足の家「Zero House」

071114ZeroHouse1.JPG

 

NYの建築家スコット・スペクト(Scott Specht)氏のデザインしたグリーンな家「Zero House」です。

まるでスタンリー・キューブリックの映画『時計じかけのオレンジ』から抜け出たような異容ですけど、この家、電力完全自給自足で、広い屋根に効率性に優れたソーラーパネルを装備。これで家中の消費電力はカバーできるんだそうです。使い切れなかった分はバッテリーに備蓄できるので、どんより曇り空の日が続いても1週間は平気。電気代の請求書ともサヨウナラできそうです。

というのは序の口でしょうか。残りのお話写真2枚は、以下でどうぞ。

 

071114ZeroHouse2.JPG

 

屋根には容量2700ガロン水槽タンクもあって、貯めた水の重みからくる水圧で勝手にパイプに水が流れる仕掛け。トイレの水を流すと地下コンポスト槽に貯まって、そこで汚物有機的に分解してくれるので下水パイプも不要です。文明生活ともサヨウナラですね。いや、家自体文明の賜物? 

 

071114ZeroHouse3.JPG

 

壁と天井には消費電力を抑えたLED照明が取り付けられていて、電球の玉ひとつ変えず最大10万時間光ってるそうですよ? 勝手に自家発電できて、勝手に10万時間光ってる家ですね。

グリッド(送電網)から離れた、贅沢な暮らしのスタイルと言えそう。

ささ、カンチレバー渡って…。

 

Zero House[Architechnophilia, via Yanko Design]

CHARLIE WHITE(原文/翻訳:satomi)

 

【関連記事】 太陽の傾きに応じて、家全体が回るヒマワリ屋敷「Heliotrop」

【関連記事】 まとめ : こんな時代の エコ発電 20本

【関連記事】 あかりの日だから、「あかり」ネタまとめ