100ドル札でiPhone/Touchスタンドを折りがみするスイス人(動画)

071211iPhone-iPodTouch-Stand.JPG

 

iPhoneを立て掛ける本も枕も壁もない、あるのは手許に100ドル札1枚だけ。

そんな極限状態で首と手が曲がらなくなったんでしょうか…。スイス人の写真家兼グラフィックデザイナーEnrique Pardoさんがお札を折ってiPhone台を作りました。もちろんiPod Touchにも使えます

 

071211iPhone-iPodTouch-Stand2.JPG

 

どう折るんでしょうね?

おりがみ手順の動画とショートインタビューは、以下でどうぞ。

  

 

ギズモード(以下、G) : どうも~、Enriqueさん、どこから来たアイディアなんでしょう?

Enrique Pardo(以下、EP) : iPod touchについてきたプラスティックのスタンド、つい捨てちゃったもんで、それで作ったんです。ちょうどパリ行きの電車に乗る時で、どうしたら縦に立てて動画見れるかなあ、と。3時間かけて考えました。

G : ユーロ札で? ドル札?

EP : 実は最初のスタンドは20ユーロ「コスト」かかってるんですよ。

G : なんでまた1ドル札じゃなく100ドル札を?

EP : 撮影で100ドル使ったのは単なる冗談のつもり。iPhone値下がりでアップルから100ドル分のリベート来たのはいいけど、スタンド入ってないじゃん! みたいな。

G :  Zuneスタンドも?

EP : Zuneは一度も持ったことないので何とも言えませんけど、今回うまくいったのでチャンスがあれば是非Zuneバージョンも作ってみたいですね、もちろん。

G : ありがとうございました、Enriqueさん。

EP : こちらこそギズモードで紹介してくれてリンクまでありがとう! サイトのバンドの上限確かめとかないとね ;-)

 

[YouTube via SwissMiss]

ADDY DUGDALE(原文/訳:satomi)

 

【関連記事】 お札で作るお財布(動画)

【関連記事】 「Time is Money」:お金でできた置き時計

【関連記事】 お金と合体するスイスアーミー