電源なしで12年間光り続ける新素材

071215Litrospheres.JPG

夜光塗料の名を広めたMPK社が、このほど輝くミクロ分子「Litrospheres」を開発しました。

35セントの格安で厚さ8分の1インチのプラスティック(8 1/2 ×11インチ)を12年間、ピカピカ光らせ続けることができる新素材です。毒性ゼロ。

米空軍研究所が開発中の「充電不要な30年電池」がこの秋話題になりましたけど(米版記事)、この12年蛍光素材もあれと同じ、放射性ガスを使ったβ放射(betavoltaic)技術で実現しました。

放射性ガスと言っても幸い電子の「微量な」排出を伴う程度。ミクロ球体のガラスやポリマーの壁は通れないので、理論上は脳に障害を起こす懸念はないとのこと。

Litrospheresは注入して型に固めたり塗料に加えて使えます。高温・低温にも影響されず、最大5000ポンドの圧力に耐え、光の強度は20ワットの白熱電球並み。ほぼ全カラー揃ってます。

実用化となると、やっぱ安全灯かな? ナイトクラブのアパレル&アクセにもいけそう。12年クラブ通いというのもなんですけど。…あ、そうそう、気になる空軍の「30年電池」の方は「万事順調にいけば2、3年で店頭に並ぶ」(米版)とかいう話です。

Wiki via Treehugger]

SEAN FALLON(原文/訳:satomi)

【関連記事】 車爆弾数回でも破れない耐爆性繊維「Zetix」

【関連記事】 「光る猫」が開発される

【関連記事】 日常の動作をバッテリーチャージに活用