酸素を生むタワー「Air Tree」(マドリッド)

071220AirTree.JPG

まるで破船かコンビナートのような。

スペインの首都マドリッドに建設中のこちらは「Air Tree」。ソーラーパネルでエネルギーを自給自足して、余った電力は地元の電気会社に卸します。さらに樹木のように酸素も生むので、こんな名前がついてるというわけです。

住民が近寄りづらくないよう、人が気軽に集まれる社交の場として設計しました。

机上のレンダリングじゃなく実際作ってるところが素晴らしいですね。キレイな夜景、航空写真収蔵のギャラリー(計11枚)はジャンプ後にどうぞ。

 

071220AirTree1.JPG

071220AirTree2.JPG

071220AirTree3.JPG

071220AirTree4.JPG

071220AirTree5.JPG

071220AirTree6.JPG

071220AirTree7.JPG

071220AirTree8.JPG

071220AirTree9.JPG

071220AirTree10.JPG

071220AirTree11.JPG

出来上がりはワインの貯蔵タンクみたいですね。

Platforma Arquitectura via NotCot.org

ADAM FRUCCI(原文/訳:satomi)

【関連記事】 新記録!? 世界で最も高いLEGOタワー

【関連記事】 ヘビ2匹が絡まってるようなコブラタワー

【関連記事】 15本の光束の塔「イマジン・ピース・タワー」完成!