構え方ひとつで変身するマルチ端末「Bar of Soap」

071128GadgetSoap.JPG

 

カメラのつもりで構えると写真が撮れて、

携帯のつもりで持つと電話がかけられる。

その正体は「Bar of Soap」、MITメディアラボの研究者たちが考案した5機能一体型端末です。

見た目は単なる石鹸バーですけど、持ち方ひとつで動作が決まるんです。なんと察しの良い。まだアイディア確認のため作ったプロトタイプですけど、これができるなら未来のガジェットもだいぶ様変わりしそうですね。

プラスチック製でタッチスクリーンと加速度計、72個のタッチセンサー、Bluetooth搭載。

クリエイターたちが行ったテストではカメラ、ゲームパッド、PDA、携帯電話、リモコンの計5機能の見分け率を見ました。今のところ結果は「精度95%」だそうです。

 

[MIT via Oh!Gizmo]

ADDY DUGDALE(原文/訳:satomi)

 

【関連記事】 世界で最も薄いラップトップ、インテルよりプロトタイプデビュー

【関連記事】 富士通のUMPCのプロトタイプに萌える

【関連記事】 昆虫型スパイロボットのプロトタイプ「DelFlyⅡ」(動画)