盗まれ、潰された、OLPCニコラス・ネグロポンテ会長の夢

2007.12.03 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:INTEL , MICROSOFT , MIT , OLPC , WINDOWS

071127OLPC.JPG

 
貧しい国の子にも廉価なラップトップを送りたい―
MITメディアラボ創設者ニコラス・ネグロポンテ氏が2005年に打ち出した野心的なOLPCプロジェクトが、コピーと価格競争で苦境に立たされているようです。WSJが詳細を伝えました。

あまりに素晴らしい発想だったので、我も我も超廉価パソコンの過当競争となったのが、その要因。相手先国および教育委員会がXOノート以外の廉価製品を買うようになってしまったのです。

XOを手にした児童は現在までにたった2000人。まともな販売契約が取れたのはウルグアイの10万台だけです。氏はペルーも25万台欲しがってると話してますが、口約束で終わったようですし、来年は月100万台生産するようですけど、「2008年末までに1億5000万ユーザーという氏の目標は実現不能でしょう」とWSJは予想しています。

100ドルの目標価格が実現できなかったのは生産台数不足Windows非搭載だったことが原因でしょう。インテルの「Classmate」なんてのが出たら、OLPCはひとたまりもありません

価格が100ドルに抑えられなかったことでリビア、ナイジェリア、パキスタンはClassmateに乗り換えました。XP搭載というのも魅力だったようです。リビア技術諮問委員会会長は「インテルマシンの方がOLPCよりずっと良い、それだけのことですよ。私の国をこういうマシンのくず置き場にするのは嫌ですから」と言ってます。結局ここはClassmatesを15万台買いました。

ロシアはAsus製の安価なラップトップ(おそらくEee)を購入。Windowsはマイクロソフトが3ドルで提供したそうです(3ドル!)。

これではネグロポンテ氏も「半ダースの途上国に1国100万台買うよう説得する当初戦略はあきらめるだろう」と。今後は米国内の第3世界の次に普及が立ち遅れている地域に対象を変えるのかもしれませんね。

最初9日間の受注数は公式発表では4万5000台です。健闘してますが、「イニシャルの受注数は500万台から800万台」と言ってたわけですから、遠く及びません。それでもネグロポンテ氏はめげずに、最近のインタビューでこう語ってます。

「私はこう見てます。来年末までにライバル各社が作るラップトップが世界に3000万台出回るとしたら、それは私にとっては大成功なんです。…私の目標はラップトップを売ることではありません。OLPCはラップトップビジネスではなく教育ビジネスなのです」

そうですね。結局ネグロポンテ氏が「第3世界の子どもたちにも買える100ドルのパソコン作ろう!」とあれだけ情熱をかけて言い出さなかったら、こうはならなかった。その意味ではXOの売れ行きがどうなろうと、氏の偉業は偉業として評価していかなくてはならないでしょう。

 
UPDATE : OLPCボランティアチーム・ジャパンのSpikyさんがWSJ全訳してくれました、ありがとうございます! そちらも是非ご併読ください。↓
「大いなる志を秘めた小さなラップトップ」 WSJ記事 | OLPC volunteer team,Japan

 
[WSJ via FSJ]

MATT BUCHANAN(原文/訳:satomi)

 
【関連記事】 OLPCの携帯発電はここまで進化した
【関連記事】 インド、100ドルPCプロジェクトへの協力を断る
【関連記事】 「OLPCities」:世界中の子どもたちが集う「セカンド・ライフ」ゲーム
【関連記事】 米報道番組が流したOLPC-XOのデモ(動画)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加