米報道番組が流したOLPC-XOのデモ(動画)

CBSニュース「60 Minutes」と言うと日本のNHK特集みたいな。

その報道番組が5月に放映したOLPCのXOラップトップ(199ドル前後)のデモです。フルバージョンはこちら

上にピョコンと立ってる2つの角Wi-Fiアンテナですね。語り手は、本プロジェクトのソフト&コンテンツ部門プレジデントのウォルター・ベンダー(Walter Bender)氏で、「3000ドルのノートより2~3倍受信状態は良い」と語っています。

バッテリー寿命は「調整がすべて終わる頃には10~12時間になるでしょう」と氏(現時点の製品レビューでは継続利用で最大3時間18分と出てます)。

最後に出てくるのが例のクランク発電機ですね。ヨーヨー型は「1~2分回すと10~20分利用可能」とか。

 

071204OLPC-XO.JPG

 

XOは先月12日(米時間)から399ドルで2台購入すると1台を第3世界の子供たちに寄贈できる「Give 1, Get 1」プログラムを米&カナダで展開、1日当たりの受注が200万ドルというから驚きです。

たぶんスタバなんかに入ってるT-モバイルのWiFiホットスポットのインターネット接続料が1年タダになる特典で200ドルの元は十分取れるんでしょう。好評につき年末まで延長を発表しました。そりゃそうです、年末のチャリティー&セールシーズンに止めるこたあない。

前回紹介したようにこちらの善意にはお構いなしで、厳しい財務状況の中からお金を遣り繰りする受け手は評価も言いたい放題なら、払いも滞ってしまいがち。その点、この「Give 1, Get 1」は焦げ付きがないという安心感が良いですね。

実物は悪くないですから、それやこれやで値段落としていければ。楽観はできませんけど。

CBS

CHARLIE WHITE(原文1原文2/satomi)

【関連記事】 盗まれ、潰された、OLPCニコラス・ネグロポンテ会長の夢

【関連記事】 OLPCの携帯発電はここまで進化した

【関連記事】 インド、100ドルPCプロジェクトへの協力を断る

【関連記事】 「OLPCities」:世界中の子どもたちが集う「セカンド・ライフ」ゲーム

 p.s. 「OX」 → 「XO」、「トランク発電機」 → 「クランク発電機」という訂正を加えました。ご指摘ありがとうございます!