電力会社PG&Eの「発電する立て看板」

071207BillboardPowerPlant.JPG

 

「ビルボードではありません。発電所です」

うー、やられたー!

これは電力会社PG&Eがサンフランシスコの高速出口に立てた自社PRのビルボードです。

ソーラーパネル20枚嵌め込まれていて日中は曇天で2.5キロワット、晴天で3.4キロワットの電力ができます。ピーク時には「4人世帯の電力が賄えるぐらい」(同社)で、LEDライト使って夜間の消費電力も抑えました。

看板本体の消費電力以上の電力が生成できるなんて赤字の穴埋めにも…使えないか。やっぱソーラーパネルの方が断然高そうですけど、でも久々の広告大賞ですねー、うん。 

所在地は1000 Brannan St, San Francisco。

高速101の9th St.出口から見えます。

 

[livescience via treehugger]

MARK WILSON(原文/訳:satomi)

 

【関連記事】 ビルボードの裏に住む

【関連記事】 RFIDでメッセージを拾う広告ビルボード「MINI Motorby」

【関連記事】 マクドナルドの日時計看板