国際ロボット展に行ってみたよ(後編)

国際ロボット展に行ってみたよ(後編) 1

リアルさを追求したり、軽快に踊ったり、という実演が多かった中で異彩を放っていたのが、こちらのたこやき実演。開始時間前には黒山の人だかり。さてはて、この観衆の期待に彼は応えることはできるのか? 思わず粉ものが食べたくなる動画は、以下からどうぞ。

 

頑固一徹な職人よろしく、生地の流し入れからくるっとひっくり返すところまで、黙々と作業をこなすロボットアーム君。時々しでかす失敗はご愛敬と言ったところ。意外と丸く焼けてます。

小型の2足歩行ロボのデモは踊るのが定番に。こちらはロシア製のロボ。踊ってるうちに向きが変わっていくので、手動調整が必要。

隣のブースには側転するロボも。KONDO KAGAKU製。

タカラトミーの「i-SOBOT」は世界最小量産型二足歩行ロボ。リモコン操作でダンシング中。

旭光電機製ロボット操縦ツール。ユニット式になっていて、繋げることで長さを調整できる。ちなみにロボットは三菱重工製の「wakamaru」。

国際ロボット展に行ってみたよ(後編) 2

国際ロボット展に行ってみたよ(後編) 3

トレードショウなので、展示会特価のロボもたくさん。学研ブースでは「大人の科学」シリーズが大安売りでした。次回はさ来年の2009年ですが、またどんな面白ロボが登場するのか楽しみですね!

2007 国際ロボット展

(常山剛)

【関連記事】 ロボなイスはどっこい立ち上がる(動画)

【関連記事】 あらゆる地形を一生懸命走るロボット(動画)

【関連記事】 アリゾナ大、蛾と合体したロボ「Robo-Moth」を発表