学研『大人の科学』真空管アンプを作ってみました

DSC_2843.JPG

 

みなさんの大好きなDIYのお時間です。

「将来の夢はエンジニア」だったココロを満たしてくれる「大人の科学」シリーズ。12月は真空管アンプ&セルラーホーン型スピーカーだというので、早速注文&作成してみました。

組み立てるといっても、付属するケースにほとんどのパーツが装着済みの基板と真空管を接続するだけなんですけどね…。もうちょっと工作したかったなー、というのがホンネ。逆を言えば、半田ごてを持っていない人でも作れるわけで、いいことなのかもしれないけど。

では完成するまでの課程を録画したので、興味がある人は見てくださいね。

  

 

出力は100mW/チャンネルですが、付属のセルラースピーカーだとそこそこのボリュームになります。iPodのヘッドフォン端子と接続するとボリュームを上げたときの荒れが目立つので、Apple Universal Dockを使いたいところ。

マニュアルにはカスタム方法や、ちょっとしたお勉強コンテンツが掲載されているので、オーディオ機器のイロハを勉強したい人には、いい教材となりますよ。気になるお値段は1万2390円です。

それから手持ちのスピーカーやDAC、プリアンプと組みあわせて実験してみました。興味がある人はコチラを見てくださいね。

真空管アンプ[大人の科学.net]

この商品をAmazonで購入, 楽天で購入

(武者良太)

 

【関連記事】 学研「大人の科学」にテルミン登場

【関連記事】 こだわりすぎの自作プラネタリウム

【関連記事】 おもちゃショー2007:オトナに必要なおべんきょう