コーヒー火傷を防いでくれる賢いマグカップ

コーヒー火傷を防いでくれる賢いマグカップ 1

猫舌な人にとっても適温なのかなぁ?

小さいころお父さんも、湯気のあがっているコーヒーカップの中身が、飲める温度になっているかを確かめるには、とりあえず飲んでみると教わりました。その教えに従って何度舌を火傷したことか…結構痛いんですよね…。

でも、ご安心ください。コーヒーが飲みごろ温度になるとマグカップの表面の色と文字が変わる「感熱 On/Off マグカップ」を持っていたら、あの、いやぁーな舌のヒリヒリに悩まされることはありません。黒地にONの文字の時はアツアツ。そして、全体が白くなりOFFの文字がみえたら「いただきます」の合図だそうです。

ただ、Going Boing GadgetsのJoelは、感熱プラスチックの裏層装は、洗い流されてしまう傾向があると指摘しているようなので、茶渋が気になっても、あんまりゴシゴシしちゃダメみたいですよ。やさしく洗ってあげましょう。

ドラマやマンガの世界だったら、悪ふざけ好きなキャラがいじられキャラのマグカップを、ペイントしてONとOFFを逆にしちゃうなんていうのは、ありがちな展開ですよね。

Charles and Marie via Technabob via Boing Boing Gadgets

JASON CHEN (原文/junjun )

【関連記事】 「ミュージックマグ」:iPodを入れるマグカップ

【関連記事】 悲観主義者専用のマグカップ

【関連記事】 自動かきまぜ機能つきマグカップ

p.s. ON、OFFの表現が逆だったため、原稿を一部修正しました。ご指摘のコメント、ありがとうございます!